親になってからの子供の歯科選び

病院を好きになれないというのは子供のころから多いものです。
なおのこと歯科になればその割合は非常に多くなってくるのではないでしょうか。
実際にはそれほど痛いものではないでしょう。
治療や抜歯の際の麻酔であっても痛みは内科の注射に及びません。
一般的なイメージとして歯を削っているときのあの「キイィィーン」とも「ウィィィーン」ともいえないような音が怖いというイメージや痛いというイメージと直結しているのではないでしょうか。
子供のころ、親に連れて行かれて歯医者に行くというのはよくある光景でした。
現在子育て世代の私たちが子供のころには、泣き叫びながら引きずられるように歯科に消えていく友人というのをみかけては翌日に慰めたりもしたものです。
しかし、親になるとその歯に対してのイメージというのは大きく変わってきます。
その理由として、歯が人に与える印象がどれだけのものかということを経験上わかってきているからでしょう。
そのため、自分が子供のころ、泣き叫んでも親が歯科に連れて行った理由はそこにもあったのかということがよくわかってくるものです。
歯科に行く理由として最も多いのは虫歯の治療になるでしょう。
もう一つは歯並び、つまり矯正もあります。
専門的に治療してくれる矯正歯科も今は多くあります。
審美歯科もその一つと考えてよいでしょう。
歯科にはいろいろな用途があります。
その用途に合わせて選ぶということは大事なことであり、また歯科選びもしっかりと行わなくてはなりません。
ここでは、親になったからこそ子供にも歯をきれいに保ってもらいたい、そして大きくなっても元気いっぱいに口をあけて笑える子供になってもらいたい、そういう情報を出していきたいと思います。
実際に悲しいことですがよくあることでは、歯並びがきれいではないことを理由に人前で笑うことが困難な子供もいます。
虫歯によって歯が白くはないことを理由に笑うことができない子供もいます。
虫歯治療が上手くできておらずに食べ物をおいしく食べることができない子供もいます。
そのようなことが起きないように歯医者任せにするのではなく、親も歯科治療についての知識をつけておくことで、まずはどの歯医者を選ぶべきなのか、どのような治療方法の選択肢があるのかということを知っておくことは必要です。
特に矯正となると期間が年単位になり金額も非常に高くなってきます。
そのことを考えてもまず基本は親が歯の治療に対しての情報を持っておくということ、それが大事なことになるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2016歯医者嫌いの人の歯科選び.All rights reserved.